CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
冬が来る
 なんかもうこの無気力は病気なんじゃないかともおもう。
 ぼーっと、たたみの上のひざかけを見ていておもったこと。ふと、自分がここ(人間界?)にいるのかいないのかまったくわからなくなってしまった。自分が今生きている人間だということがわからなくなった。
 学生の頃、2学期の期末テストが終わって、あとからくるものなんて考えもせずにクリスマスツリーを飾った。あのときの、重圧から開放された幸せがなんとも言えずすきだった。でも今のあたしに重圧なんてものはない。
 建前的に不安だとは言っているけど、ずっとこのままでもいいとおもってる。でもそれは、自分も、周りも、なにもかも変わらずにこのままであるという条件付きで。そんなこと不可能だってわかっている。だからこのままではだめだとおもう。おもうおもうおもう。いつもこれが口癖。おもうだけ。えらそうにしゃべっておわり。こうやって文章にしておわり。涙が出そうになる。
 ひとりでゆっくり、時には早く足踏みをしていても、時間は知らん顔で針を動かしている。あたしは変化というものを極端に恐れるけど、季節の移ろい行きはこの上なく愛している。日本人でよかった。…ってあれ?論点ずれてる?
 じわじわとせまってくるものは否ませんが、おかげさまで体調はすこぶる良好です。
| text | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>